2016年11月の鉱工業生産指数の結果
全文紹介

2016/12/28
調査部 中田 一良


○11月の鉱工業生産指数の結果


11月の鉱工業生産指数は、前月比+1.5%と上昇し、持ち直していると言える(図表1)。出荷指数は、前月比+0.9%と3か月連続で上昇した。在庫指数は前月比-1.5%と3か月連続で低下した。


この結果、生産指数は、12月に前月比-5.2%と大きく低下しても、10~12月期は3四半期連続で上昇することになる。3四半期連続での上昇は、2013年1~3月期から2014年1~3月期までの5四半期連続での上昇以来のこととなる。


11月の生産指数の動向を業種別にみると、はん用・生産用・業務用機械工業、輸送機械工業、電気機械工業、電子部品・デバイス工業などが上昇した(図表2)。はん用・生産用・業務用機械工業では産業ロボット、輸送機械工業では自動車部品、乗用車などの寄与度が大きかった。また、スマートフォン向けのメモリなども引き続き、上昇に寄与した。


財別では、資本財(除く輸送機械)は前月比+4.0%、耐久消費財は同+2.7%、生産財は同+2.2%と上昇した。他方、建設財は前月比-0.7%、非耐久消費財は同-1.4%と低下した。


低下が続いている在庫指数の動向を業種別にみると、全15業種中、はん用・生産用・業務用機械工業、輸送機械工業を除く13業種で低下した。特に、電子部品・デバイス工業は、前月比-10.5%と大きく低下して、2009年7月以来の低い水準となった。 ....(続きは全文紹介をご覧ください)


図表1 生産・出荷・在庫の推移                    図表2 業種別の生産動向


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890