2016年11月の機械受注統計の結果
全文紹介

2017/01/16
調査部 中田 一良


○11月の民需(船舶・電力を除く)の動向


機械受注統計の中で、設備投資の先行指標として注目される民需(船舶・電力を除く)は、11月は前月比-5.1%と減少したが、均してみると横ばい圏で推移している(図表1)。製造業は前月比+9.8%と4か月ぶりに増加した一方、非製造業(船舶・電力を除く)は同-9.4%と減少した。


内閣府がまとめた10~12月期の民需(船舶・電力を除く)の見通し(前期比-5.9%)との関係では、12月に前月比-11.0%と大きく落ち込んだ場合に見通しと同水準となる。他方、7~9月期と同水準を維持するためには、12月は前月比+7.5%と増加しなければならない。機械受注統計は単月の振れが大きいが、10~12月期は、見通しを上回るものの、2四半期ぶりに減少する可能性が高いと考えられる。 ....(続きは全文紹介をご覧ください)


図表1 民需(船舶・電力を除く)の推移


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890