2017年1月の消費者物価指数の結果
全文紹介

2017/03/03
調査部 小林 真一郎


○生鮮食品を除く総合(コア)は13カ月ぶりの前年比プラス


1月の全国の消費者物価指数のうち、生鮮食品を除く総合(コア)は12月の前年比-0.2%に対し同+0.1%と、2015年12月以来、13カ月ぶりにプラスに転じた(図表1)。また、天候不順の影響によって急上昇していた生鮮食品価格は、12月の前年比+13.8%から同+8.0%に伸びが鈍化してきているが、生鮮食品以外の価格上昇圧力が強まりつつあることから、1月の総合の伸び率は同+0.4%と前月の同+0.3%から拡大した。一方、生鮮食品及びエネルギーを除く総合は同+0.2%と、最近のプラス幅の縮小傾向が一服した。


生鮮食品を除く総合(コア)の下落に最も大きく寄与したのがエネルギーのマイナス幅の縮小であり、12月の前年比-4.4%から同-0.8%に縮小した。原油価格の上昇や円安の動きを受けて電気代(同-5.6%)、都市ガス代(-10.6%)などのマイナス幅が小さくなっていることに加え、ガソリン(同+11.2%)や灯油(同+19.2%)など市況の動きを反映しやすい石油製品については、すでに前年比で大きく上昇している。さらに、白物家電などの家庭用耐久財(同-1.3%)、テレビなどの教養娯楽用耐久財(同-3.6%)の下落も続いているが、こちらもマイナス幅は縮小傾向にある。一方、外国パック旅行費(同+6.7%)、被服及び履物(同+1.1)は、円安の影響などもあってプラス幅が拡大してきている。 ....(続きは全文紹介をご覧ください)


図表1 消費者物価の推移


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890