日銀短観(2015年3月調査)予測
全文紹介

2015/03/19
調査部 藤田 隼平


○4月1日に公表される日銀短観(2015年3月調査)の業況判断DI(最近)は、大企業製造業では前回調査(14年12月調査)から2ポイント上昇し、14になると予測する。「自動車」など円安の恩恵を受けやすい業種を中心に業況感の改善が見込まれる。一方、「紙・パルプ」など円安によってコスト上昇に直面する業種のほか、原油価格の下落で業績が悪化している「石油・石炭」などでは業況感が悪化すると考えられる。もっとも、製造業全体で見ると、円安と原油安は業績にプラスに働き、業況感は緩やかに改善すると見込まれる。先行きについては、景気が緩やかに持ち直す中でも企業は業績の先行きに対して慎重な姿勢を崩しておらず、大企業製造業の業況判断DI(先行き)は横ばいの14になると予測する。


○大企業非製造業の業況判断DI(最近)は前回調査から1ポイント上昇し、18になると予測する。個人消費が緩やかに持ち直す中、旺盛なインバウンド消費も追い風となり、「小売」や「宿泊・飲食サービス」など個人消費関連の業種を中心に上昇が見込まれる。原油安によるコスト減を受けて「電気・ガス」なども改善しよう。先行きは「小売」などを中心に改善が見込まれ、業況判断DI(先行き)は1ポイント上昇の19に改善しよう。


○中小企業の業況判断DI(最近)は、製造業では前回調査から1ポイント上昇し5に、非製造業でも1ポイント上昇し2になると予測する。内需が緩やかに持ち直す中、原油安も加わって中小企業の業況感は改善しよう。先行きについては、内外景気の持ち直しを背景に業況感は改善傾向が続くと見込まれる。


○2014年度の設備投資計画は、大企業製造業では前年比+8.9%、大企業非製造業では同+7.6%での着地が見込まれる。また、2015年度については、大企業製造業では前年比+0.8%、非製造業では同-2.8%での計画開始が見込まれる。非製造業では前年比マイナスからのスタートとなるが、例年、調査を経るごとに上方修正されることを考慮すれば、2015年度も設備投資は増加基調を維持する見通しである。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890