日銀短観(2016年9月調査)予測
全文紹介

2016/09/15
調査部 土志田 るり子


○10月3日に公表される日銀短観(2016年9月調査)の業況判断DI(最近)は、大企業製造業では前回調査(16年6月調査)から1ポイント低下の5になると予測する。為替の前提条件の円高方向への修正などを受けて、輸出企業を中心に景況感は小幅ながら悪化すると見込まれる。先行きについては、国際商品市況の回復による景況感の改善が期待される一方、引き続き円高の業績への悪影響が懸念され、大企業製造業の業況判断DI(先行き)は横ばいの5になると予測する。


○大企業非製造業の業況判断DI(最近)は前回調査から横ばいの19になると予測する。需要の底堅い一部の業種では景況感が改善する一方で、家計の節約志向の強さなどから個人消費関連の業種で悪化すると見込まれる。先行きについては、大企業非製造業の業況判断DI(先行き)は1ポイント低下の18となるだろう。


○中小企業の業況判断DI(最近)は、製造業では前回調査から1ポイント低下の-6に、非製造業は1ポイント低下の-1になると予測する。中小企業の業況判断DI(先行き)は、製造業では1ポイント低下の-7に、非製造業では2ポイント低下の-3になるだろう。


○2016年度の設備投資計画は、大企業製造業では前年比+13.5%、大企業非製造業では同+3.4%に上方修正されると予測する。中小企業についても例年通り上方修正される見込みだが、製造業では-11.2%、非製造業では同-3.0%と引き続き前年比マイナスが続く見通しである。


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890