グラフで見る景気予報(2014年10月)
全文紹介

2014/10/02


【今月の景気判断】


景気は弱含んでいる。個人消費は反動減から持ち直しているが、このところ動きは鈍っている。また、設備投資が一時的に減少し、円安にもかかわらず輸出の弱含みが続いている。さらに、雇用情勢の改善の動きにも足踏みがみられ、賃金は持ち直しているが実質では大幅なマイナスの状態にある。こうした中、内外需の低迷による在庫の積み上がりを背景に生産が減少しており、景気がすでに後退局面入りしている可能性が出てきた。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調に転じること、2013年度補正予算の執行が本格化してくること、さらに設備投資の持ち直しが期待されることなどから、今後、景気は持ち直しに転じると見込まれる。しかし、増税後の実質賃金の落ち込みにより個人消費の回復テンポは緩やかにとどまると予想され、景気の持ち直しペースが緩慢となる可能性がある。


【当面の注目材料】



  • 世界景気~ウクライナやイラクなどの地政学リスク、欧州の景気下振れリスク、米国の金融政策の動向

  • 個人消費~増税後の個人消費の持ち直しのペース、賃金の改善速度、物価上昇の影響

  • 企業活動~輸出の回復のタイミングとそのテンポ、設備投資の回復の持続性

  • 政策~消費税率10%への引き上げの有無、追加金融緩和の可能性と、それに対する金融市場の反応


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890