有効求人倍率が上昇すると景気が良くなるのか
全文紹介

2017/06/07
調査部 鈴木 明彦


有効求人倍率は、有効求人数(企業の採用予定人員)を有効求職者数(仕事を探している人の数)で割った比率である。有効求人倍率が高ければ仕事が見つけやすく、低ければ仕事が見つけにくいことになる。「有効求人倍率が上昇していれば、仕事を見つけて就職する人の数が増える。だから景気も良くなる」というのが自然な見方である。実際、有効求人倍率は、景気にほぼ一致して動く敏感な指標として、景気動向指数(一致指数)を構成する系列に採用されている。 ....(続きは全文紹介をご覧ください)


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890