グラフで見る関西経済(2012年8月)
全文紹介

2012/08/21


【今月の景気判断】


関西経済は横ばいで推移している。海外経済の回復ペースの鈍化によって輸出に弱い動きがみられ、生産は横ばい圏での推移となっている。関西地区では輸出や生産における自動車関連の比重が低く、電気機械の比重が高いことが全国に比べて動きが弱い原因となっている。雇用環境は、完全失業率、有効求人倍率に改善がみられ、厳しい状況ながら持ち直しの動きが認められる。しかし、賃金は横ばい圏で推移しており、個人消費も持ち直しが一服し横ばいとなっている。公共投資は前年の水準が低いことに加え、災害復旧工事などの増加もあって増加が続いている。先行きは、設備投資の増加が期待されるが、全体としては横ばい圏での推移が見込まれる。


【当面の注目材料】



  • 世界景気~中国などアジア経済の減速の動き、欧州財政金融危機の動向、国際商品市況の先行き

  • 企業活動~電力消費抑制の影響、輸出の動向、電気機械における在庫などの調整

  • 政治~衆院解散に向けた動き、橋下市政・維新の会の動向

  • 家計~所得の先行きと個人消費の回復の持続性、エコカー補助金終了後の自動車など耐久財の販売動向


全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890