スマートフォンの実利用データにみる人々のインターネット利用の実態~ 1割超のユーザーが共通して所持しているアプリ:約150、利用しているアプリ:30未満 ~
~ スマホにインストールしたアプリの約8割は日常生活のなかで使われていない ~
全文紹介

2018/01/29
政策研究事業本部 [東京] 公共経営・地域政策部 副主任研究員 中田 雄介

 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、フラー株式会社、立教大学社会学部メディア社会学科・木村忠正研究室とともに「スマートフォンの実利用データに関する調査研究会(LDASU:Log Data Analysis of Smartphone Use)」を立ち上げ、スマートフォンにインストールされたアプリケーションの実利用データを分析することで、インターネット利用の実態や人々のライフスタイルの把握を試みています。このほど実際の取り組み成果として、独自調査の結果がまとまりましたので、お知らせいたします。

■調査結果の概要

 本調査の結果として、下記の点が明らかとなりました。

● アプリケーションの所持と利用の関係
  • スマートフォンにインストールしたアプリの8割は、日常生活のなかで使われていない。
  • 全体の1割超のユーザーが共通して利用するアプリの数は30に満たない。広く利用されるアプリの数は限定的。
● アプリケーションの利用実態
  • 1日のうちで利用率が最も高まるのは、平日・休日ともに18時台。
  • 平日と休日ではアプリの利用率が高まる時間帯に差異がみられ、実利用データから利用者の生活行動や生活リズムなどを推察できる。
● 調査手法としての有用性
  • 従前のインターネット利用に関する社会調査結果と本研究会におけるスマートフォンの実利用データの分析結果には「類似点」と「相違点」がみられる。
  • 実利用データを詳細に分析検討するとともに、従前の社会調査の結果との比較検証を進めることで、データ及び方法論の妥当性を高めていくことが重要と考える。
全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890