迫られるホワイトカラーの生産性向上
全文紹介

2016/11/22
組織人事戦略部 コンサルタント 小山 厚郎

政府の目指す働き方改革や日本の労働力人口の減少を受けて、現在各企業で「労働生産性の向上」に向けた意識が高まっている。ただし、ホワイトカラーにおいては、何をもって「労働生産性が高いか/低いか」を判断するかが難しく、各企業とも対策に苦慮している様子がうかがえる。ホワイトカラーの労働生産性については、まずは各社が「労働生産性」の定義を明確にする必要があり、その定義を社内に共有し、その測定と改善の「PDCA」を回すことが求められる。 ....(続きは全文紹介をご覧ください)

(時事通信社『金融財政ビジネス』2016年10月17日号より転載)

全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890