実効性の高い中期経営計画による成長戦略・事業構造改革
全文紹介

2018/04/10
経営コンサルティング部 [大阪] チーフコンサルタント 山村 一夫

はじめに

 筆者は10~100億円規模の企業に対し、実効性の高い中期経営計画による成長戦略・事業構造改革支援を行ってきました。
 中期経営計画の一般的な作り方の一つとして、SWOT分析等により抽出された課題に基づき、経営方針の方向性を定め、アクションプランに落とし込み、損益計画を立て、数年おきに計画の見直しを行うというものがあります。しかしながら、実際には中期経営計画の実行性に疑問がでるケースを多く見かけます。例えば、SWOT分析による外部環境の脅威・機会の分析をしっかりしている割にその分析結果を活かせるほど事業規模が大きくないケース、意欲的な経営方針を立てても人材・投資不足で実現性に乏しいケース、数年置きに見直しをするが売上・利益を今までの成行きを記載しているだけの形式的なケースなどあります。
 そこで、本レポートでは、実効性の高い成長戦略・事業構造改革のポイントについて、 1.「限りある経営資源での成長戦略」 2.「成果創出型プロジェクトの併用」 3.「成長戦略・構造改革の実現」の3つのポイントで解説します。....(続きは全文紹介をご覧ください)

全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890