うちの会社は人材がいない?(後編)~ 「わが社には人材がいない」とお考えのリーダー・マネージャーの皆さん、今こそ「人づくり」を見直してみませんか? ~
全文紹介

2018/07/06
人の育ち支援室 [大阪] 室長 チーフコンサルタント 蒲田 善行

(前編からの続き)

「技術を伝える」ことはリーダー・マネージャーの第一歩

さて、「人の育ち」とは言いながらも、ここで「戦略」という言葉が出てきます。最初に少し触れた「勝ち方のセオリー」とは、言い換えれば「戦略とプロセスの技術」となります。
 戦略とは、「何を」「誰に」「どうやって」「ライバルと差を付け提供し」「儲けていくか」のストーリーのことを言います。そして、その中でしっかりと「プロセス」を示すことが、「勝ち方のセオリー」の軸になります。営業の皆さんの場合は、訪問・面談・情報収集・提案・見積り・受注・売上…といったプロセスがあると思います。そして、そのプロセスごとに、「必要な技術」があるはずです。....(続きは全文紹介をご覧ください)

全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890