あなたの会社は「どういう人」に育ってほしいですか
全文紹介

2018/07/06
人の育ち支援室 [大阪] コンサルタント 古谷 正勝

企業の人材育成に携わっているなかで、時折歯がゆく感じることがある。それは、経営者や経営幹部に「社員に成長してほしい」という強い気持ちがあるものの、「どう成長してほしいか」という具体的な姿がはっきりしないことである。企業理念とは「社員の存在する理由を示すもの」だと私は考える。自社はどういう価値を生み出すことを目指し、社員はどういった役割を期待されるのか。企業理念を明らかにすることで、社員はそれらを理解できるようになる。それに加えて経営者や経営幹部、マネージャーらが企業理念を語り、日常において強化し、仕組みを持つ。社員が育ち、期待される役割を果たすために活き活きと自走し始めれば、組織のエンジンは成果に向かって力強く回り始める。....(続きは全文紹介をご覧ください)

全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890