欧州総選挙に見る中道政治の退潮と急進政治の台頭
全文紹介

2017/08/28
調査部 土田 陽介

今年前半までの欧州連合(EU)各国の国政選挙の結果は、既存の中道政治の退潮が着実に進んでいることを端的に物語るものであった。EU 統合の流れの中で左右が一体化した中道政治であるが、信用不安対策として厳しい財政緊縮を長期に渡って実施したために、民意の離反を招くことになったのである。他方で、中道政治に対する有権者の不満を汲み取った急進政治も未成熟なため、歴史的な厚みを持つ中道政治の前では有力な対抗馬にはなり得ない状況にある。
本稿では、最近の欧州の政治動向を総括し、今後の展望を試みたい。 ....(続きは全文紹介をご覧ください)

全文紹介 前のページへもどる

ページの先頭へ

1234567890