国際セミナー「変わる社会・経済・環境 ~2020年に向けたアプローチ」報告

日時:2016年11月24日(木)14:30~17:45
場所:当社東京本社Annex
主催:三菱UFJリサーチ&コンサルティング
共催:クイーンズランド大学ビジネススクール
後援:クィーンズランド州政府駐日事務所

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会等の大規模スポーツイベントは、その影響が地理的にも分野的にも幅広く及ぶとともに、地域や社会を変えるまたとない機会でもあります。本セミナーでは、弊社研究員に加え、オーストラリア・クイーンズランド大学ビジネススクールの研究者や、自治体関係者をゲストスピーカーに迎え、国内・海外の事例を紹介するとともに、大会開催の機会を最大限に活かすためのポイントについて考え、参加者と意見交換を行いました。

タイトル 講演者
基調講演 17日間のインパクトを17年間もたらし続ける~みんなのオリンピックレガシー クイーンズランド大学ビジネススクール
サラ・ケリー氏(Dr. Sarah Jane Kelly)
モニカ・チェン氏(Dr. Monica Chien)
2016年リオ大会に学ぶ大会成功のカギ 当社日本2020戦略室/公共経営・地域政策部 研究員
渡邊 倫
当社日本2020戦略室/官民協働室/研究開発部 主任研究員
本橋 直樹
テーマ別
セッション
観光がもたらす恩恵の最大化に向けた大会の活用 クイーンズランド大学ビジネススクール
モニカ・チェン氏(Dr. Monica Chien)
大会を契機に取り組む外国人へのおもてなし 当社観光政策室/研究開発部 上席主任研究員
田中 三文
大会における企業の役割と社会的インパクト~サステナビリティとインクルージョンの観点から 当社日本2020戦略室/環境・エネルギー部 副主任研究員
奥野 麻衣子
地域にとっての大会の価値とは何か クイーンズランド大学ビジネススクール
サラ・ケリー氏(Dr. Sarah Jane Kelly)
東京オリンピック・パラリンピックと地域活性化~地域におけるレガシーの活用~ 公益財団法人 東京市町村自治調査会 調査部 研究員
髙橋 治氏
パネル
討論
2020年に向けたアプローチ
~質疑応答と本日のまとめ
ファシリテーター:本橋 直樹
パネリスト:全講演者

モニカ・チェン氏(クイーンズランド大学ビジネススクール)
モニカ・チェン氏(クイーンズランド大学ビジネススクール)

サラ・ケリー氏(クイーンズランド大学ビジネススクール)
サラ・ケリー氏(クイーンズランド大学ビジネススクール)

渡邊倫研究員(当社)
渡邊倫研究員(当社)

本橋直樹主任研究員(当社)
本橋直樹主任研究員(当社)

田中三文上席主任研究員(当社)
田中三文上席主任研究員(当社)

奥野麻衣子副主任研究員(当社)
奥野麻衣子副主任研究員(当社)

髙橋治氏((公財)東京市町村自治調査会)
髙橋治氏((公財)東京市町村自治調査会)

パネルディスカッション
パネルディスカッション

質疑応答
質疑応答

会場の様子
会場の様子

企業情報