1. ホーム
  2. 研究員・コンサルタント
  3. 宗像 慎太郎

宗像 慎太郎むなかた しんたろう

東京本部 環境・エネルギーユニット

持続可能社会部

主任研究員

 長期にわたる景気低迷と東日本大震災を経て、環境・エネルギー政策は大きく揺れています。社会・産業・環境のバランスのとれた「持続可能な社会」の実現という客観的正解のない問題に対し、各成員がリスク・コスト・ベネフィットを適切に配分できる社会を構築する、という方針で取り組んでいます。
 企業・産業と社会問題の関係については、以下の信念の下に取り組んでいます:「社会問題の解決には、10年単位の時間が必要である。だからこそ企業には、10年間にわたって無理なく継続できるような環境配慮・社会問題への配慮が求められている。」

専門性

専門分野担当業務

環境・エネルギー政策
環境技術評価
CSR/SRI、環境・エネルギー政策のための金融スキームの活用
科学技術社会論

保有資格

博士(学術)

学会

科学技術社会論学会

経歴

学歴

東京大学教養学部基礎科学科第二卒業(学士)
東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻広域システム科学系(修士、博士)

大学講師など

中央大学経済学部 兼任講師(2014年度上期、2015年度上期)
大阪大学コミュニケーション・デザインセンター「科学技術コミュニケーション入門:地球温暖化問題を巡る科学と社会のコミュニケーション」ゲストスピーカー(~2009年度)

パブリシティ

研究会・委員会

2007~2010年度 科学技術社会論学会 理事
2008年度 科学技術社会論学会 柿内賢信記念賞研究助成金 選考委員会 委員長
2007年度 科学技術社会論学会 柿内賢信記念賞研究助成金 選考委員会 審査委員

研修・講演等

2012/06/27 「日本の電力・エネルギー事情と中小企業のビジネスチャンス」 (遠州信用金庫)
2010/11/22、24 「我が国産業界にみるCO2削減対策の現状」 (日本グラフィックコミュニケーションズ工業組合連合会)
2009/10/01 「少し不真面目な環境論 -環境に「そう悪くない社会」を考えてみる-」 (町田市教育委員会)

著書・論文執筆

2013/04 「科学技術をよく考える:クリティカルシンキング練習帳」 (名古屋大学出版会 ユニット6 地球温暖化への対応を担当)
2012/01 「科学・技術・倫理百科事典」 (丸善出版 地球気候変動、予防原則、リスクと感情、不確実性、予期せぬ結果の翻訳を担当)
2011/11 「地球温暖化問題の諸側面 」(科学技術社会論研究|第9号)
2010/09 「中小企業に求められる温暖化対策とは」(中小企業と組合|2010年9月号 )
2006/01 「決定版わかるCSR:基本から最前線まで」 代表執筆者 (かんき出版)

レポート・コラム