1. ホーム
  2. 研究員・コンサルタント
  3. 小柴 巌和

小柴 巌和こしば みちかず

ソーシャルインパクト・パートナーシップ事業部    

部長

グローバルヘルスに関する新規事業開発、コンサルティング・政策立案支援に取り組んでいます。
M. Koshiba is heading The Center on Global Health Architecture, which is a nexus for global health innovation. He is organizing an action-oriented public private partnerships (PPP)forum “Access to Health” to explore future avenues on global health issues and working as a facilitator/coordinator for innovative projects as well as providing some research/consulting services.
https://www.facebook.com/cgha.murc/

専門性

専門分野担当業務

グローバルヘルス
PPP
デジタルヘルス
国連調達・パートナーシップ構築

保有資格

国連英検A級
仏語検定2級
知的財産技能検定2級(実技)

学会

国際開発学会
国際ボランティア学会
Japan Forum for Business and Society(企業と社会フォーラム)

各国知見

東アフリカ(ケニア、タンザニア、ウガンダ等)、ASEAN(マレーシア、ベトナム、シンガポール等)、
北欧(デンマーク、スウェーデン等)、西欧(イギリス、フランス、スイス等)

業界知見

ヘルスケア/メディカル領域、左記に関係するデジタルテクノロジー領域

経歴

学歴

2003年 早稲田大学理工学部物理学科/複合領域コース卒業
2008年 大阪大学大学院人間科学研究科修了

職歴

2008年 当社入社
現在に至る

大学講師など

関西学院大学非常勤講師「社会起業学概論」(2012年~2013年)

他の勤務・出向

Head, Center on Global Health Architecture

横断的組織

Center on Global Health Architecture

パブリシティ

メディア出演

NHK「ニュースWeb」(2014年7月)

研究会・委員会

Global Digital He@lth Initiative 2030, Advisory Council member(2019年~現在)
奈良県「NPO基盤強化に向けた指標等検討委員会」座長(2011~2012年)
近畿経済産業局「ソーシャルビジネス資金循環検討委員会」委員(2010~2011年)

研修・講演等

• Michikazu K(2019)Presentation/Moderator on the surveillance and digital technologies, the international conference, “Accelerating Innovation and Access in Global Health Technologies ~The latest progress in the fight against infectious diseases~” hosted by Mitsubishi UFJ Research and Consulting/Center on Global Health Arhictecture, available at:https://www.murc.jp/globalhealth_newtechs/
• 小柴巌和(2018)「グローバルヘルスとSDGs」に関する発表/モデレーター、金沢工業大学SDGs推進センター(第一回ジャパンSDGsサミット in KIT)
• 小柴巌和(2018)「SDGs×企業~技術から迫る国際保健」に関する発表/モデレーター、公益社団法人日本WHO協会
• Michikazu K(2018)Presentation on the sustainable development and new approach on global health issues, International Conference on Sustainable Development at Columbia University
• Michikazu K(2018)Presentation on the advanced technologies and commitment with Stop TB Partnership’s accelerator program “accelerator for impact(a4i)”, “TB Innovation Summit2018” co-hosted by Stop TB Partnership/Global Fund/the UN foundation/Johnson & Johnson
• Michikazu K(2018)Presentation on the advanced technologies to “change the game” for infectious diseases, “the 5th Nikkei Asian Conference on Communicable Diseases 2018” hosted by Nikkei
• Michikazu K(2018) Moderator on the latest technologies for global health issues, the international conference, “Harnessing New Technologies for Global Health Security” in partnership with Chatham House, available at:
https://www.chathamhouse.org/event/harnessing-new-technologies-global-health-security
• Michikazu K(2017)Presentation on POCT(point of care testing)/Rapid Test for AMR – the next generation of diagnostic tools, the UHC forum 2017 side meeting in partnership with the UK embassy in Japan, Longitude Prize
• Michikazu K(2017)Presentation on Center on Global Health Architecture, how we should face with infectious diseases with multi-stakeholder approach, “the 8th Advanced Course on Diagnostics(ACDx)” hosted by Mérieux Foundation
• Michikazu K(2017)Presentation on global budget flow on global health, what happened at the Ebola outbreak, “the 4th Nikkei Asian Conference on Communicable Diseases 2017” hosted by Nikkei

著書・論文執筆

• 山本隆編著(2014)「社会的企業論」、法律文化社、第14章「ソーシャル・マーケティング」および第15章「ソーシャル・ファイナンス」を担当
• 国際保健医療学会編(2013)「国際保健医療のキャリアナビ」、南山堂、第一章「グローバル・ビジネスを通じた社会貢献を追求」を担当
• 小柴巌和(2013)季刊|政策・経営研究2013 Vol.3「ハーバード大学の挑戦」(PP.32-46)
• 小柴巌和(2013)国際金融No. 1246(外国為替貿易研究会)「BOPビジネスと国連」(PP.50-58)
• 小柴巌和(2012)季刊|政策・経営研究2012 Vol.4 「ソーシャルビジネスの振興と評価のあり方」(PP.47-58)