1. ホーム
  2. パブリシティ活動
  3. お知らせ
  4. フィンランドBusiness Finlandとの覚書締結について

フィンランドBusiness Finlandとの覚書締結について

~二国間の事業開発・推進における連携に向けて~

2019/08/22

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:村林 聡 以下、MURC)とBusiness Finland(本部:フィンランド共和国ヘルシンキ、Director General:Pekka Soini)は、両国の事業開発及び推進における協力体制の構築を目指し、覚書を締結いたしましたのでお知らせいたします。
MURCとBusiness Finlandとの間の覚書は、スマートシティやデジタル・サービス等の領域において最先端をゆくフィンランド共和国が蓄積してきた知見、技術を活用し、両国におけるビジネスの機会を創出するとともに、日本におけるスマートシティ、デジタル・ガバメントを推進していくことを主眼に置いております。


覚書締結を終えたMURC代表取締役社長 村林 聡(左)とBusiness FinlandのCOO and Head of Global Networkの
Mr Risto Vuohelainen(中央)、同Executive Director, CDO のMr Kalle Kivekäs(右)

1. 趣旨・背景
フィンランドは、質の高い教育や充実した社会福祉で知られ、国連の関連団体が発表した世界幸福度ランキング(2019年度版)では2年連続第1位となった国です。優れた人材や技術力をもとに、近年はスマートシティやデジタル・サービスの領域において先進的な取り組みを行っており、特に、交通・輸送に関わるMaaS(Mobility as a Service)の分野においては、世界の最先端事例として注目されています。また、同国では近年イノベーションやスタートアップの支援に力を入れており、エスポー市をはじめとする世界有数のスタートアップエコシステムを擁しています。さらに、同国の主導により世界循環経済フォーラムが開催されるなど、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の領域においても他国を牽引しています。
一方、日本においても、「総合イノベーション戦略2019」においてスマートシティの実現が重要な施策として掲げられ、今年5月にはいわゆる「デジタル手続法」が公布されるなど、スマートシティやデジタル・ガバメント推進の動きが加速しつつあります。 本覚書に基づき、MURCとBusiness Finlandは、両者が保有する知見やネットワークを活用し、国際会議やセミナーの開催、ビジネス・マッチング、スタートアップ支援、政府・産業のデジタル化に関する研究開発等を通じ、両国におけるビジネスの推進に貢献するべく取り組みを進めて参ります。

2.各組織の概要
Business Finland
Business Finlandは、フィンランド雇用経済省傘下の政府機関です。フィンランド企業を国際的に成長させ、フィンランドに世界に通用するビジネス・エコシステムを生み出すことを目指し、フィンランド企業へのイノベーション支援や、海外企業による対フィンランド投資の誘致、貿易・旅行の促進等を行っています。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のシンクタンク・コンサルティングファームです。東京・名古屋・大阪を拠点に、国や地方自治体の政策に関する調査研究・提言、民間企業向け各種コンサルティング、経営情報サービスの提供、企業人材の育成支援、マクロ経済に関する調査研究・提言など、幅広い事業を展開しています。

 

報道機関からのお問い合わせ

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
〒105-8501東京都港区虎ノ門5-11-2オランダヒルズ森タワー
コーポレート・コミュニケーション室|竹澤・杉本
TEL:03-6733-1005
E-mail:info@murc.jp

パブリシティ活動