1. ホーム
  2. パブリシティ活動
  3. お知らせ
  4. 【新刊書籍のご案内】「2022年日本はこうなる」

【新刊書籍のご案内】「2022年日本はこうなる」

コロナ危機でデジタル化、グリーン革命が加速。 脱炭素化、教育格差、米中対立から企業経営まで今知るべきトレンドと76のキーワードを解説!

2021/11/05

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 池田 雅一)編集の書籍「2022年日本はこうなる」が11月5日東洋経済新報社より発行されましたので、お知らせいたします。

本書の詳細を含めた、2022年の展望をテーマとした情報を、以下のページで順次発信してまいります。ぜひご参考ください。

「2022年の展望」URL:https://www.murc.jp/cam/kounaru_2022

書籍内容紹介

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のシンクタンク・コンサルティングファームである当社のエコノミスト、コンサルタント、研究員の英知を結集した、ビジネスパーソン・学生必読の書。
第1部では、国内外の経済やマーケットの見通しを展望。
第2部では、科学技術イノベーション、脱炭素化と循環経済、サステナブルファイナンス、スマートシティ、コロナ禍と教育格差、ジェンダーギャップ等、今知るべきトレンドを詳説。
第3部では、2022年を理解するための76のテーマを、よりミクロな視点で解説しています。

書籍名 2022年日本はこうなる
著者 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 編
発行 東洋経済新報社
発行年月 2021年11月
価格 定価1,980円(本体1,800円+税10%)
お求め方法 全国の一般書店で販売(オンラインストアを含む)

主要目次

巻頭言 コロナ危機がデジタル、グリーン革命を加速する

第1部 コロナショックを経て、回復と成長への道筋を模索

1.コロナショックの今こそ成長へチャレンジ

2.アフターコロナ期も緩慢な回復ペースが続く

3.分断を抱えつつ、世界はコロナと共生へ

4.脱炭素、デジタル関連の歳出が増加

5.経済正常化で原油は上昇、金は高止まり

第2部 2022年のキートレンドを読む

1.気候変動対応が牽引する科学技術イノベーション

2.脱炭素化と循環経済

3.脱炭素化を支えるサステナブルファイナンス

4. スマートシティは社会実装の段階へ

5.コロナ禍と教育格差

6.ジェンダーギャップ解消への道筋

第3部 2022年を理解するためのキーワード

第1章 国際社会・海外ビジネスはこうなる

第2章 産業はこうなるⅠ~DXがもたらす変革

第3章 産業はこうなるⅡ~新たな時代の潮流

第4章 企業経営はこうなる

第5章 働く場はこうなる

第6章 社会・文化はこうなる

第7章 少子化・高齢化はこうなる

第8章 地域はこうなる

第9章 地球環境・エネルギーはこうなる

本件に関するお問い合わせ

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 竹澤・梨子本
〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2オランダヒルズ森タワー
E-mail : info@murc.jp

パブリシティ活動