1. ホーム
  2. パブリシティ活動
  3. 市販書籍のご案内
  4. 国際保健医療のキャリアナビ

国際保健医療のキャリアナビ

日本国際保健医療学会 編
部分執筆:「グローバル・ビジネスを通じた社会貢献を追求」
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 小柴 巌和

国際保健医療の仕事をめざす学生・社会人向けのキャリアガイド.30人のキャリアパスの実例を紹介した上で,仕事に就くための学び方や働き方を詳説.さらに, 学生の質問に編集委員が答える座談会も掲載しています。大学院等への進学や留学,インターンシップや履歴書の書き方等,役立つ情報が満載の本書は,国際保健医療の世界へ飛び立つための必携書です。

書籍名 国際保健医療のキャリアナビ
著者 日本国際保健医療学会 編
部分執筆:「グローバル・ビジネスを通じた社会貢献を追求」
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 小柴 巌和
発行 株式会社南山堂
発行年月 2016/12/15
価格 定価(本体2,700円+税 )
お求め方法 書店にて販売

目次

1章 私のキャリアパス

〈医学系×国際機関〉
さまざまな出会いでつながった国際保健のキャリアパス
大好きな産業保健の仕事を日本と世界で自由に続ける
〈医学系×JICA〉
アフリカからグローバルへ
―命を大切にする社会の創造―
〈医学系×中央省庁〉
行政官としての国際保健への関わり
〈医学系×NGO〉
「最も弱い人たちのために働く」ということ
〈医学系×大学・研究機関〉
国際保健の現場経験から公衆衛生教育者へ
〈医学系×病院・地域医療〉
学びと貢献の機会を与えてくれた地域医療と国際保健
日本の地域課題は世界の課題
―日本の経験を世界で生かすために―

〈看護系×国際機関〉
原点を指針にキャリアを切り開く
―助産師からUNICEF職員へ―
〈看護系×JICA〉
自分の関心とできることを考えて国際保健医療の道へ
〈看護系×中央省庁〉
小児科ナースから国際保健医療の道へ
〈看護系×NGO〉
「健康の公平性」の実現へ
―国際保健NGOへ託す思い―
〈看護系×大学・研究機関〉
助産師がミャンマーでライフワークを見いだすプロセス
回り道にもよさはある 遠回りの国際保健への道
〈看護系×在日外国人保健医療〉
世界中のすべての人に健康を

〈文系×国際機関〉
モンゴルの草原で芽吹いたグローバルヘルスへの道
〈文系×JICA〉
世界の健康格差是正のために
―JICAでのキャリアパス―
〈文系×中央省庁〉
国際保健を学び外交の世界へ
〈文系×NGO〉
高校留学・大学で世界の旅 国際協力をNGOで実現
研究対象だったNGOが仕事場に
〈文系×大学・研究機関〉
哲学から国際保健医療へ
―海外経験を日本の次世代に―

〈生化学×大学・研究機関〉
生化学から寄生虫学・熱帯医学,そしてグローバルヘルス
〈歯科×病院・地域医療〉
歯科開業医ができる国際保健医療協力
〈薬学×大学・研究機関〉
薬剤師が国際保健を探求し続けたらグローバルヘルス百貨店に
〈作業療法・理学療法×大学・研究機関〉
ライフワークとしてCBRの実践と研究に関わって
〈栄養×大学・研究機関〉
すべての人に必要な食べることからアプローチする国際保健医療
〈放射線科学×JICA〉
自分の知識と経験を海外に生かす
―放射線科学から国際保健へ―
〈体育×大学・研究機関〉
誰にでも開いている国際保健への扉
〈農学×大学・研究機関〉
国際保健ふらり旅
〈理工学×企業〉
グローバル・ビジネスを通じた社会貢献を追求

2章 国際保健医療を学ぶ

国際保健医療協力に“王道なし”
国際保健医療の“学び方”
何をどこまで学ぶか
国際保健医療協力を目指す人にもっと学んでほしいこと──コンピテンシー

3章 国際保健医療で働く

国際保健医療の仕事
多様なキャリア構築が可能
国際保健医療の実務経験をどう積むか
生活体験から得た知識や技術を現場で生かす
日本の公衆衛生・地域保健活動との協働
多職種の“強み”を生かして

4章 〈特別座談会〉国際保健医療のキャリアQ&A

巻末資料 国際保健医療に関わる各種団体

パブリシティ活動