1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 分析レポート
  5. 調査レポート
  6. 通貨危機から1年を経たトルコ経済 ~リラ相場は低位で安定も国民の不信感はぬぐえず~

通貨危機から1年を経たトルコ経済 ~リラ相場は低位で安定も国民の不信感はぬぐえず~

2019/07/30
調査部
土田 陽介

○トルコ中銀は7月25日に開いた金融政策決定会合で、主要政策金利である1週間物レポ金利をそれまでの年24.0%から4.25%ポイント引き下げ、年19.75%にすることを決定した。
○リラ相場は足元で低位安定状態にあるが、預金の過半が外貨という状況(いわゆるドル化)が改善されないなど、リラに対する不信感はトルコ国民の中で根強いままである。
○米トランプ大統領は再選を目指してイランに圧力をかけているが、トルコは歴史的にイランとも友好関係にあるため、その動向次第ではリラに下げ圧力がかかる恐れもある。

調査部
研究員
土田 陽介

関連レポート

レポート