1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 分析レポート
  5. 調査レポート
  6. スペインは11月にやり直し総選挙を実施 ~もっとも政局の流動化には歯止めがかからず~

スペインは11月にやり直し総選挙を実施 ~もっとも政局の流動化には歯止めがかからず~

2019/09/24
調査部
土田 陽介

○政治空白の続くスペインで11月10日に総選挙が実施される運びとなった。ただ左派連立政権も右派連立政権も成立が見込み難く、現与党である社会労働党による少数与党内閣が続く見通しである。
○雇用が十分改善しなかったにもかかわらず、スペインでは景気が徐々に鈍化している。今後も景気のスローダウンが続けば、社会がより内向き化して政局がさらに流動化してしまう可能性が高い。
○スペインの長期金利は低位で安定しているが、財政健全化は遅れている。政治不安の長期化で財政健全化がさらに遅れ、金利が不安定化するリスクに注意したい。

調査部
研究員
土田 陽介

関連レポート

レポート