1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 分析レポート
  5. 調査レポート
  6. 通貨急落を受けて経済運営の再考を余儀なくされるロシア~利下げの打ち止めと原油増産に戦略を転換か~

通貨急落を受けて経済運営の再考を余儀なくされるロシア~利下げの打ち止めと原油増産に戦略を転換か~

2020/03/26
調査部
土田 陽介

○コロナウイルスの世界的流行に伴うリスクオフの流れを受けて新興国は連鎖的な通貨安に陥っているが、ロシアもまたその例外ではない。追加利下げは当面見送りとなり、利上げも視野に入る。

○他方でロシアは、サウジとの間で原油のダンピング合戦を繰り広げている。市場シェア争いに起因するものだが、同時に米国産原油を市場から退出させる目的があるとも言われている。

○ロシア景気もまた失速が免れないため、プーチン大統領が近年、経済運営の最優先課題に掲げていた財政再建に関しては、一時的に棚上げとなる見通しである。

調査部
研究員
土田 陽介

関連レポート

レポート