1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 分析レポート
  5. 調査レポート
  6. 連立協議が難航するオランダ ~コロナ禍の長期化で混とんとしてきた欧州の政治情勢

連立協議が難航するオランダ ~コロナ禍の長期化で混とんとしてきた欧州の政治情勢

2021/04/08
調査部
土田 陽介
  • 3月15日から17日にかけてオランダで下院総選挙が行われたが、連立のパートナー候補の政党が首相の不信任案を出すなど、選挙から1ヶ月近くが経つにもかかわらず連立協議は難航が続いている。
  • オランダの連立交渉の長さは有名だが、今回のオランダ政局の混迷は、コロナの初動対応が高評価された政権でも、コロナ禍の長期化を受けて求心力を失っている様子をよく示している。
  • オランダの事例は、コロナ禍が長期化する中で、政権政党が有権者の支持を繋ぎとめることの難しさを示している。コロナ禍の長期化を受けて、欧州の政治情勢は混とんとしてきた。

続きは全文紹介をご覧ください。

調査部
副主任研究員
土田 陽介

関連レポート

レポート