1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 経済指標の予測と結果
  5. GDP統計
  6. 2019年7~9月期のGDP(1次速報)予測 ~増税前の駆け込み需要があっても伸びは小幅にとどまる~

2019年7~9月期のGDP(1次速報)予測 ~増税前の駆け込み需要があっても伸びは小幅にとどまる~

2019/10/31
調査部
小林 真一郎

11月14日に内閣府から公表される2019年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比+0.1%(年率換算+0.4%)と4四半期連続でプラス成長を維持したと予想される。もっとも、消費増税前の駆け込み需要があったことを考慮すると、伸びは弱い。

内訳をみると、個人消費は、増税直前にかけて駆け込み需要が強まったものの、夏場の天候不順の影響や、改元による押し上げ効果の剥落に加え、需要平準化のための政策の導入もあって、前期比+0.3%の伸びにとどまった。一方、駆け込み需要への対応で在庫が減少する中で、人手不足を背景に企業の設備投資意欲が衰えていないこと、公共投資の増加が続き、内需の前期比寄与度は+0.3%とプラスを維持した。

外需は、輸出の勢いが弱い一方で、駆け込み需要対応もあって輸入の増加が続いたため、外需寄与度は-0.2%と2四半期連続でマイナスとなった。

名目GDPも前期比+0.2%(年率換算+0.9%)とプラス成長を維持するものの伸びは小幅である。GDPデフレーターは前年比+0.5%と3四半期連続でプラスとなったと予想される。・・・(続きは全文紹介をご覧ください。)

調査部
主席研究員
小林 真一郎

関連レポート

レポート