1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 経済指標の予測と結果
  5. GDP統計
  6. 2021年4~6月期のGDP(2次速報)予測~やや上方修正される見込みだが、景気に対する評価に変化はない~

2021年4~6月期のGDP(2次速報)予測~やや上方修正される見込みだが、景気に対する評価に変化はない~

2021/09/01
調査部
小林 真一郎

9月8日に内閣府から公表される2021年4~6月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、前期比+0.5%と1次速報値の同+0.3%から上方に修正される見込みである(年率換算では+1.3%から+2.0%に上方修正)。

個別の需要項目では、消費者物価指数の基準年が変更されたことを受けて、実質個人消費が上方修正される可能性があるほか、本日発表された4~6月期の法人企業統計の結果を反映させたことで、設備投資、在庫投資が修正されると考えられる。また、公共投資は若干上方修正されるとみられる。一方、住宅投資、政府消費の伸び率および外需の前期比寄与度は据え置きとなろう。ただし、いずれの修正も小幅であり、景気に対する評価に変化はない見込みである。

名目GDP成長率にはほとんど変化はないが、GDPデフレーターは下方修正されるであろう。

続きは全文紹介をご覧ください。

調査部
主席研究員
小林 真一郎

関連レポート

レポート