1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 経済指標の予測と結果
  5. GDP統計
  6. 2020年7~9月期のGDP(1次速報)結果 ~大幅なプラスだが、前期の落ち込みの反動増によるもので、力強さに欠ける~

2020年7~9月期のGDP(1次速報)結果 ~大幅なプラスだが、前期の落ち込みの反動増によるもので、力強さに欠ける~

2020/11/16
調査部
小林 真一郎

11月16日に発表された2020年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比+5.0%(年率換算+21.4%)と4四半期ぶりにプラスに転じた。大幅なプラス成長となったことで、景気が最悪期を過ぎ、回復局面に入ったことが数字の上でも確認された。もっとも、前期に急減した後の反動増で見かけ上、高い伸びとなったが、水準は低いままである。政策効果によって押し上げられた部分も大きく、設備投資は減少が続くなど、内容は力強さには欠ける。

需要項目ごとの動きをみていくと、個人消費は前期比+4.7%と、4四半期ぶりにプラスとなった。緊急事態宣言が解除された後、宿泊、外食、レジャー関連などのサービスへの支出が徐々に持ち直しているほか、特別定額給付金支給の効果もあって自動車、白物家電、衣料・身の回り品など財への支出も増加している。それでも、7月の長雨、8月のお盆休みの帰省の自粛や、学生の夏休みの短縮といったマイナス要因もあり、4~6月期の大幅な落ち込み(前期比-8.1%)を十分に取り戻せていない。

住宅着工の落ち込みは一巡しているが、4~6月期の落ち込みがラグをもって住宅投資に反映されるため、実質住宅投資は前期比-7.9%と4四半期連続で減少した。・・・(続きは全文紹介をご覧ください。

調査部
主席研究員
小林 真一郎

関連レポート

レポート