1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 経済指標の予測と結果
  5. GDP統計
  6. 2020年7~9月期のGDP(2次速報)結果~上方修正されるも、前期の落ち込みの反動増としては依然力強さに欠ける~

2020年7~9月期のGDP(2次速報)結果~上方修正されるも、前期の落ち込みの反動増としては依然力強さに欠ける~

2020/12/09
調査部
小林 真一郎

12月8日に発表された2020年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+5.3%(年率換算+22.9%)と、1次速報の同+5.0%(同+21.4%)から上方修正された。外需寄与度が下方修正されたものの、個人消費や設備投資を中心に内需寄与度が大きく上方修正された。
なお、今回の2次速報の公表にあたって、従来通り1次速報時点で未公表だった基礎統計の結果が反映されたほか、基準年が2011年から2015年に変更されたことや、推計方法も一部見直されたことも速報値に反映された(具体的には、住宅の改装・修繕費用、民泊代、著作権等サービスなどが新たに統計に計上された)。
このため、伸び率、水準とも過去に遡って修正されたが、いずれも景気の見方を大きく変える程のものではなかった。

続きは全文紹介をご覧ください。

関連レポート

レポート