1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 経済指標の予測と結果
  5. GDP統計
  6. 2021年4~6月期のGDP(1次速報)結果~プラス成長に復帰するも、力強さに欠ける~

2021年4~6月期のGDP(1次速報)結果~プラス成長に復帰するも、力強さに欠ける~

2021/08/17
調査部
小林 真一郎

8月16日に発表された2021年4~6月期の実質GDP成長率は、前期比+0.3%(年率換算+1.3%)とプラス成長に復帰した。もっとも、1~3月期の落ち込み分を取り戻せておらず、水準は低いままであるうえ、同時期の米国、ユーロ圏、中国などの伸びと比べると小幅にとどまっており、力強さには欠ける結果といえる。

需要項目ごとの動きをみていくと、実質個人消費は、サービス支出が前期比+1.5%と順調に持ち直したことから、全体でも同+0.8%と増加した。大都市圏を中心として3回目の緊急事態宣言が発出されたものの、感染拡大の一服、緊急事態宣言の解除を受けて6月末にかけて需要が持ち直したとみられるほか、緊急事態宣言による需要抑制効果が薄らいでいる可能性がある。また、耐久財支出は、半導体不足の影響で自動車販売が低迷したが、前期の落ち込みの反動もあって、同+0.4%と小幅ながらプラスとなった。

実質住宅投資は、住宅着工の底入れがラグをもって住宅投資に反映された結果、前期比+2.1%とプラスが続いた。

企業部門では、実質設備投資は前期比+1.7%と増加に転じた。業績改善を背景に企業の設備投資意欲は底堅さを維持しており、製造業を中心に機械投資や情報化投資などが増加したとみられる。実質在庫投資は、企業の生産活動が持ち直す中で、前期に急増した反動もあり、実質GDP成長率に対する前期比寄与度は-0.2%と2四半期ぶりのマイナスとなった。

続きは全文紹介をご覧ください。

調査部
主席研究員
小林 真一郎

関連レポート

レポート