1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 経済指標の予測と結果
  5. 日銀短観
  6. 日銀短観( 2020年12月調査)予測

日銀短観( 2020年12月調査)予測

2020/12/08
調査部
小林 真一郎、丸山 健太

○12月14日に公表される日銀短観(2020年12月調査)の業況判断DI(最近)は、大企業製造業では、前回調査(2020年9月調査)から10ポイント改善の-17と、コロナ禍での最悪期を脱し、2四半期連続で改善する見込みである。先行きについては、改善は続くものの、足元での感染再拡大への懸念が重石となり、-12と、5ポイントの改善にとどまろう。

○大企業非製造業の業況判断DI(最近)は前回調査から6ポイント改善の-6になると予測する。Go Toトラベル/イートキャンペーン実施の効果などで、レジャー関連の業種で改善した一方、その他の業種での改善の動きは鈍かったとみられる。先行きについては、足元での感染再拡大とそれに伴う各種Go Toキャンペーンの一部停止が影響し、2ポイント悪化の-8となろう。

○中小企業の業況判断DI(最近)は、製造業では前回調査から6ポイント改善の-38に、非製造業でも4ポイント改善の-18になると予測する。先行きは、製造業で1ポイント改善の-37、非製造業では5ポイント悪化の-23となろう。中小企業は収益力が弱いことから、大企業と比べてコロナ禍で受ける打撃が大きく、先行きの業況をさらに悲観的に見ていると考えられる。

○2020年度の大企業設備投資計画は、12月調査の段階では、それまでの計画の微修正にとどまることが通例であるが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い業績が急激に悪化し、先行き不透明感も払拭できない中で、はっきりとした下方修正が予想される。

続きは全文紹介をご覧ください。

調査部
主席研究員
小林 真一郎
調査部
研究員
丸山 健太

関連レポート

レポート