1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 景気概況
  5. 米国・欧州主要国の景気概況
  6. 欧州景気概況(2021年5月)

欧州景気概況(2021年5月)

2021/05/07
調査部
土田 陽介

欧州景気概況:ユーロ圏景気は悪化している、英国景気は悪化している

 

ユーロ圏景気は悪化している。2021年1-3月期の実質GDP(速報値)は前期比-0.6%と2期連続でマイナス成長となり、景気後退に陥った。一方で最新4月の景況感指数は110.3と3ヶ月連続で上昇、輸出に支えられた製造業が景気回復のけん引役となっている。また5月以降は行動制限が緩和されるため、4-6月期はプラス成長に転じる見込み。

英国景気は悪化している。2020年10-12月期の実質GDP(確定値)は前期比+1.3%と、2四半期連続でプラス成長を維持した。粗付加価値(GVA)を産業別にみると、建設業と鉱業は増勢が鈍化した一方で、サービス業と農業は横ばいだった。なお最新2021年2月の月次GDPは前月比+0.3%と再び増加したが、均した動きは下向きで推移している。

続きは全文紹介をご覧ください。

調査部
副主任研究員
土田 陽介

関連レポート

レポート