1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 景気概況
  5. 米国・欧州主要国の景気概況
  6. 米国景気概況(2020年11月)

米国景気概況(2020年11月)

2020/11/09
調査部

【概況】~景気は持ち直しの動きが続くも、回復ペースは鈍化の兆し

 

・米国経済は持ち直している。7-9月の実質GDP成長率(速報値)は前期比年率+33.1%と、コロナ禍で急減速した前期からの反動もあり、統計開始以来最大の伸びを記録した。経済対策や経済活動の再開に伴い個人消費(同+40.7%)が大幅増加したほか、設備投資(同+20.3%)、住宅投資(同+59.3%)なども増加に転じた。

・もっとも、経済活動再開にともなう景気回復には鈍化の兆しもみられ、とりわけ、雇用の回復は緩慢なペースにとどまる。また、追加の景気対策の成立が遅れ、支援措置が失効する「財政の崖」が生じており、家計の所得減少や中小企業の資金繰り悪化が懸念される。さらに、新型コロナの新規感染者数が足元で再増加し、一部の州で経済活動の規制を再び強化しており、景気の回復ペースが一段と鈍化する懸念があることに注意が必要であろう。

・なお、大統領選挙では、野党民主党のバイデン前副大統領が、次期大統領に就任する見通しとなった。一方、同時に行われた議会選挙では、現時点で上院で共和党が過半数を維持し、いわゆる「ねじれ議会」になる可能性が高いと見込まれている。当面の焦点は政権移行に向けた動きであり、新政権の人事が注目される。

続きは全文紹介をご覧ください。

関連レポート

レポート