1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 景気概況
  5. グラフで見る関西経済
  6. グラフで見る関西経済(2020年12月)

グラフで見る関西経済(2020年12月)

2020/12/24
調査部
塚田 裕昭

【今月の景気判断】

  • 新型コロナウイルス感染症の影響で厳しい状況にあるが、持ち直している

【今月のポイント】

  • ●新型コロナウイルス感染症の影響で、足下の指標は総じて厳しい水準にあるが、生産、輸出などを中心に持ち直している。
  • ●生産(10月)は2ヶ月連続で前月比で増加。電子部品デバイス、汎用・生産用・業務用機械が増加した。
  • ●実質輸出(11月)は前月比-4.0%と2ヶ月ぶりに減少となったが、水準は高い。
  • ●賃金(9月)は14ヶ月連続で前年比マイナス。
  • ●個人消費関連指標は、このところ下げ止まりの動きがみられる。10月は、前年同月が消費税率引き上げ直後で低水準であったこともあって高めの伸びとなった。インバウンド蒸発の影響もあり、全国に比べ弱い動きとなっている。

2020年12月の景気判断~新型コロナウイルス感染症の影響で厳しい状況にあるが、持ち直している 2020年12月の景気判断~新型コロナウイルス感染症の影響で厳しい状況にあるが、持ち直している

調査部
主任研究員
塚田 裕昭

関連レポート

レポート