1. ホーム
  2. レポート
  3. 経済レポート
  4. 景気概況
  5. 景気ウォッチャー調査(東海)
  6. 景気ウォッチャー調査(東海地区:2021年7月)~人流増により現状判断は改善するも、コロナ再拡大により先行き懸念が高まる~

景気ウォッチャー調査(東海地区:2021年7月)~人流増により現状判断は改善するも、コロナ再拡大により先行き懸念が高まる~

2021/08/10
調査部
塚田 裕昭

○8月10日に内閣府が公表した「景気ウォッチャー調査」によると、東海地区の7月1

現状判断DI(季節調整値)は、前月差+4.3ポイントの52.8と3ヶ月連続で上昇した。
先行き判断DI(季節調整値)は、前月差-5.0ポイントの50.3と3ヶ月ぶりに低下した。

 

現状判断DI、先行き判断DI(東海/全国)

 

○当社では、東海地区の景気ウォッチャーの見方を

人流や受注の増加により景況感の持ち直しの動きが引き続きみられる。先行きについては、新型コロナウイルス感染再拡大への懸念が高まっている。

とまとめた。

(前月のまとめ)
「6月の緊急事態宣言解除、ワクチン接種の進展により持ち直しの動きがみられる。先行きについては、ワクチン接種が進むことによる改善が期待されている。」

 

○内閣府では、全国調査での景気ウォッチャーの見方を

景気は、新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさは残るものの、持ち直している。先行きについては、感染症の動向を懸念しつつも、ワクチン接種の進展等によって持ち直しが続くとみている。

とまとめている。

(前月のまとめ)
「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさは残るものの、持ち直している。先行きについては、感染症の動向を懸念しつつも、ワクチン接種の進展等によって持ち直しが続くとみている。」

1調査期間は毎月25 日~月末
調査部
主任研究員
塚田 裕昭

関連レポート

レポート