1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. 機関誌
  5. 季刊 政策・経営研究
  6. 全社的リスクマネジメント(ERM)構築の必要性

全社的リスクマネジメント(ERM)構築の必要性

2008/04/01
矢野 昌彦

 1992年米国において不正経理をきっかけに内部統制の枠組み(COSO:トレッドウェイ委員会組織支援委員会)が発表され、2004年にはCOSO-ERMとしてERM(ERM:Enterprise Risk Management)のフレームワークが発表された。
 今、国内外で、リスクマネジメントのフレームワークや手法は進化している段階である。日本においても大手企業が、JIS Q 2001:2001に沿ったリスクマネジメントシステムの導入が進んでいる点やCOSO-ERMとの融合化を進めている点が事例研究から考察できる。今までのリスクマネジメントとERMとの大きな違いは、①グループ会社全体の取り組み、②企業価値創造を目的とする、③戦略リスクを含む、④リスクの統合化などである。各企業は、COSO-ERMのフレームワークとJISのマネジメントシステムを融合化させ、競争力強化につなげる仕組みが必要である。
 今後、コーポレートガバナンスや内部統制の強化が高まる中で、企業単体のみでなくグループ会社全体を対象にERM手法の導入が本格化するであろう。

社会システム共創部
部長
矢野 昌彦

関連レポート

レポート