1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. 機関誌
  5. 季刊 政策・経営研究
  6. 編集長インタビュー「文化国家・日本の進むべき道」

編集長インタビュー「文化国家・日本の進むべき道」

2009/10/01

 今回の編集長インタビューは当社理事長・中谷巌も参加し、座談会のようなかたちで実施した特別版である。インタビューをお願いした相手は、株式会社資生堂名誉会長の福原義春氏。
 福原氏は、東京芸術文化評議会会長、東京都写真美術館館長、社団法人企業メセナ協議会会長、財団法人文字・活字文化推進機構会長、パリ日本文化会館運営審議会日本側議長、パリ日本文化会館支援協会会長などに就任されており、文化の振興に対して最も積極的に取り組んでいる経済人である。
 また、福原氏は日仏経済人クラブ日本側議長、財団法人かながわ国際交流財団理事長、経済人同人誌「ほほづゑ」代表世話人、全日本蘭協会名誉会長、社団法人園芸文化協会名誉会長、世界らん展日本大賞組織委員会会長など、多数の公職も務めている。
 さらに、福原氏は、主な著書に「文化資本の経営」(ダイヤモンド社)、「ぼくの複線人生」(岩波書店)等、「だから人は本を読む」(東洋経済新報社)、共著・対談を含め70余の著書を執筆されている。
 このように文化に関わる多面的な活動を実践されている福原義春氏を迎えた今回の編集長インタビューでは、「文化国家・日本の進むべき道」について、中谷理事長とともに縦横に語っていただいた。

関連レポート

レポート