1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. 機関誌
  5. 季刊 政策・経営研究
  6. 中堅・中小企業生き残りの処方箋

中堅・中小企業生き残りの処方箋

2012/10/30
小松 創一郎

激しく厳しく変化する世界経済と確実に迎える国内市場縮小といった経営環境の中で、中堅・中小企業の将来に向けてのかじ取りの難易度は一層増している。どのようにすれば、永続的な存続と成長を手にすることができるのだろうか。

このような時代だからこそ、冷静に経営環境を見つめ直し、戦略、対応策を考え、それらを絞り込んで、迅速に動いていくことが求められると筆者は考える。

経営環境の見極め、戦略の構築、新規事業、新分野への進出、海外展開、組織風土改革と人材育成、グループ経営体制の整備といった7つのテーマに関して、筆者がコンサルティングの現場で取り組んできたことをもとに、それらのポイントについて述べたい。

この激動の時代では、なにもせずにいること自身がリスクになる。本稿が、中堅・中小企業において、その強みである迅速さをどのように活かして、この時代に対応していけば良いのかの参考になればと考える。

経営コンサルティング部
チーフコンサルタント
小松 創一郎

関連レポート

レポート