1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. 機関誌
  5. 季刊 政策・経営研究
  6. 日本版HACCP いよいよ義務化へ

日本版HACCP いよいよ義務化へ

~EUの柔軟性を評価し、日本ならではの安心の基準をつくる~

2016/11/09
岡本 泰彦

フランス100%、英国100%、オランダ100%、日本30%。にわかに信じがたいが、これは各国のHACCP導入率である。

欧州連合(EU)では、2000年のBSE事件を契機として、全域でHACCPが義務化された。米国においても、2011年に食品安全強化法を制定し、HACCP義務化を強力に推し進めている。

これまでHACCPの全面適用に手をこまねいてきたわが国も、農林水産物・食品の輸出拡大の切り札として、ついにHACCP義務化に舵を切った。

欧米と肩を並べ、越えて行こうとするのであれば、単にHACCPを義務化するに留まらず、日本ならではの仕掛けを組み込むことが肝要であろう。

本稿では、HACCP先進国であるEUの事例、特にflexibility/フレキシビリティ(柔軟性)をキーワードに、日本ならではのHACCPの在り方について考察してみたい。

社会システム共創部
チーフコンサルタント
岡本 泰彦

関連レポート

レポート