1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. 機関誌
  5. 季刊 政策・経営研究
  6. 経営視点で取り組む「真の健康経営」に向けて

経営視点で取り組む「真の健康経営」に向けて

~企業価値向上を実現するフレームワーク~

2017/07/27
高橋 千枝子

従業員への健康投資により企業競争力・企業価値向上を実現する経営スタイルとして健康経営が注目されている。中央行政は健康経営銘柄制度および健康経営優良法人制度をスタートさせるとともに、地方行政も健康経営の推進を支援する制度を次々と立ち上げている。健康経営の推進により運動習慣増加や長時間労働削減、ワークライフバランス等の成果が出ている企業も増えている。しかし健康経営の真の目的である企業競争力・企業価値向上の実現まで至っているとはいえず、今後は健康経営の取り組みをいかに企業価値向上(経営成果)につなげるかが重要になる。本稿では健康経営推進の背景と取り組み成果を整理するとともに、従業員の健康増進にとどまらず、顧客の健康増進ひいては地域社会の健康増進にまで取り組むフレームワークを提示する。経営視点で健康経営に取り組むことで企業価値および企業ブランドの向上につながる。

経営コンサルティング第2部
チーフコンサルタント
高橋 千枝子

関連レポート

レポート