1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. 機関誌
  5. 季刊 政策・経営研究
  6. リニア時代の国土創生

リニア時代の国土創生

2018/11/05

2027年に開業が予定されているリニア中央新幹線は、少なくとも10.7兆円の経済効果をもたらす歴史的な社会資本である。同時に、圧倒的な時間短縮がわが国国土の構造に転換をもたらし、産業機能や居住機能等における立地選択の多様性が生まれることとなる。このわが国経済と国土に多大なインパクトをもたらすリニア中央新幹線の効果を、さらに大きなものとして享受できる国土を創生していくためには、社会資本の側面では多モード結節が有効であり、経済活動の側面では経済効率性と豊かなライフスタイルの両立を希求した諸機能への投資の活性化を促していくことが必要であることを述べる。

関連レポート

レポート