1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. 政策研究レポート
  5. 政策研究レポート
  6. スマートフォンの利用状況によるユーザー像の実態把握

スマートフォンの利用状況によるユーザー像の実態把握

~ 約7割のスマホユーザーが該当する4つのクラスターの特徴 ~

2018/08/21
中田 雄介

1. モバイルライフログと性・年代別にみたスマホアプリの利用動向

(1)はじめに

 近年インターネット、特にスマートフォン経由のインターネット利用が急速に普及し、国内では10代~40代において、モバイル(スマートフォン等)経由のネット利用率がパソコン経由のアクセスよりも高い状況がみられる。
 こうしたなかで、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社、フラー株式会社(以下、フラー社)、立教大学社会学部メディア社会学科・木村忠正研究室の3者が中心となり立ち上げた「スマートフォン実利用データ分析(Log Data Analysis of Smartphone Use)研究会(以下、LDASU研究会)」では、被験者の協力姿勢や記憶に依存しないスマートフォンの実利用データを用い、起動ログを1秒単位という細かい粒度で分析することにより、人々のインターネット利用の実態把握に留まらず、生活行動/ライフスタイルや嗜好性等の把握・可視化を模索し、それを通じて、モバイルライフログの有用性や認知度の向上に寄与することを目指している。

公共経営・地域政策部
副主任研究員
中田 雄介

関連レポート

レポート