1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. コンサルティングレポート
  5. コンサルティングレポート
  6. 世界大学ランキングの分析速報

世界大学ランキングの分析速報

~アジア勢の伸長と日本独自の価値基準の必要性~

2014/10/02
山村 一夫

タイムズ・ハイヤー・エデュケーション社(以下THE社)が、日本時間2014年10月2日に「世界大学ランキング」を発表しました。世界1位は、カリフォルニア工科大。日本では「東京大」の順位は変わらず23位(2012年:27位、2013年:23位)、「京都大」は59位(2012年:54位、2013年:52位)と7つ順位を下げています。400位までの大学数は、12大学(2011年:16大学、2012年:13大学、2013年:11大学)と1つ増加しています。

アジアにおける日本の大学の相対的なポジションが低下しています。日本の大学は200位以内では5大学中4大学で順位が下がりました。400位以内にランクインしている大学の数では、中国は2大学増え12大学となり日本と並び、韓国も2大学増え9大学となりました。

2014年9月に発表されたクアクアレリ・シモンズ社(以下QS社)の世界大学ランキングでは、「シンガポール国立大」は22位で(2013年:24位)2つ順位を上げ、「ソウル国立大」は4つ順位を上げ31位(2013年:35位)となり、「東京大」(31位)と同順位まで上昇しています。

ランキングの意味を十分に理解し、それに向き合うべきです。一方でランキングに惑わされず、自らの目指すところをしっかりと持つ態度が求められています。 ....(続きは全文紹介をご覧ください)

経営コンサルティング部
チーフコンサルタント
山村 一夫

関連レポート

レポート