1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. コンサルティングレポート
  5. コンサルティングレポート
  6. 成功するシステム導入プロジェクト(2)

成功するシステム導入プロジェクト(2)

~現状の仕組みを診断~

2015/03/31

1.情報システム構築プロジェクトの全体像

システム開発に至るまでの情報システム構築プロジェクトの全体像は、以下の3つのフェーズで構成されます。

      • 第1フェーズ 経営戦略やビジョンの達成が可能かどうか「現状の仕組みを診断」する。
      • 第2フェーズ 経営戦略を遂行するために「新しい仕組みを設計」する。
      • 第3フェーズ システム開発業者を選定する。

まず第1フェーズで既存業務の診断(事実認識)を行い、問題点を明らかにします。診断を行うにあたっては、戦略・業務の効率化・内部統制の3つの視点で分析を行うことが大切です。現状の問題点が明らかになれば、課題解決に向けた基本方針(案)を立案し、経営陣に報告(中間報告)します。中間報告を行う事で、経営陣とプロジェクトメンバとの間で既存業務に対する問題点と課題解決に向けた基本方針が共有され、システム導入プロジェクトの成功確率がさらに高まります。....(続きは全文紹介をご覧ください)

関連レポート

レポート