1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. コンサルティングレポート
  5. コンサルティングレポート
  6. ビジネスと人権に関する国際的潮流

ビジネスと人権に関する国際的潮流

-責任ある企業行動と人権デューディリジェンス-

2019/09/18

2019年6月、タイ・バンコクにおける人権週間に合わせて、タイ政府や国際機関の共催による「責任あるビジネスと人権フォーラム(以下、フォーラムという)」が開催された。フォーラムで議論されていたテーマは、日本企業にとっても共通の課題であり、今後、日本企業が人権に関する取り組みを進めていく上で、示唆となり得る内容である。本稿では、フォーラムで議論されていた、ビジネスと人権における課題の中から、特に人権デューディリジェンスに関連する事項について、現地でフォーラムに参加した筆者が紹介する。

1. 「責任あるビジネスと人権フォーラム」とは
「責任あるビジネスと人権フォーラム」は、「責任ある企業行動」や「ビジネスと人権」に関する一連の課題について取り組むためのマルチステークホルダーイベントである。タイ政府、経済協力開発機構(OECD)、国連開発計画(UNDP)、国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)、国際労働機関(ILO)、ASEAN政府間人権委員会(AICHR1)等の共催により開催された2。フォーラムには、ASEAN全加盟国(10ヶ国)を含む、計42ヶ国から700名が参加し、約50%は政府関係者であったが、企業関係者と市民社会からの参加者もそれぞれ全体の約25%を占める等、様々なアクターが参加している3

フォーラムでは、移民労働者、気候変動、グローバルサプライチェーンとジェンダー、ディーセントワーク(働きがいのある人間らしい仕事)等といったビジネスと人権に関する優先トピックを取り扱う16のセッションが設けられた他、早朝の時間や昼休憩の時間等を利用して、特定の国・業種等のテーマを取り扱う14のサイドイベントも開催されている。各セッションの中では、責任ある企業行動を推進すべく、ビジネスと人権に関する共通の課題について、スピーカーと参加者による双方向の議論が展開された。・・・(続きは全文紹介をご覧ください。)

 

1ASEAN10ヶ国の代表で構成されたASEANの機関であり、加盟国における人権の尊重、保護を推進する取組みを行う包括的組織。ASEANでは、2008s年に発効した「ASEAN憲章」において、人権や基本的自由の保護・促進を原則として掲げており、AICHRは、これを履行していくための組織として、2009年の第15回ASEAN首脳会議によって発足された(外務省WEBサイトより)。尚、バンコクの人権週間に合わせ、AICHRの会合も開催されており、フォーラムではAICHRの会合の概要についても報告されている。
2責任あるビジネスと人権フォーラムWEBサイトより。
3責任あるビジネスと人権フォーラムサマリーレポートより。

関連レポート

レポート