1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. コンサルティングレポート
  5. コンサルティングレポート
  6. 組織の免疫力向上/危機対応力強化へ向けたレジリエンス・フレームワークの構築

組織の免疫力向上/危機対応力強化へ向けたレジリエンス・フレームワークの構築

新型コロナウイルスを契機としたリスク・インシデント・危機対応の新常態

2020/05/27
阿部 功治、武田 智行、山内 哲也、淺井 智彰

1. 外部環境の変化や不確実性そのものへの対応力強化(レジリエンス強化)の必要性
近時、外部圧力に対する弾力性を意味するレジリエンス(Resilience)という考え方が、リスク・インシデント・危機管理の領域において注目されている。レジリエンスは、発生してしまった事象の影響を軽減するとともに、これらへの対応力を強化するものであり、人の健康に例えるならば、リスク・インシデント・危機管理の前提となる基礎体力・免疫力にあたるものと位置付けられる・・・(続きは全文紹介をご覧ください)

(関連情報)

【特別企画】新型コロナウイルスがもたらす経営課題・新たな経営環境への対応支援

社会システム共創部
部長(特命)
阿部 功治
社会システム共創部
シニアコンサルタント
武田 智行
社会システム共創部
シニアコンサルタント
山内 哲也

関連レポート

レポート