1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. コンサルティングレポート
  5. コンサルティングレポート
  6. テレワークが変える働き方の未来

テレワークが変える働き方の未来

2020/05/28
三島 寛之

1. はじめに
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府より「緊急事態宣言」が発令されて以降、テレワークが普及し始めている。新型コロナウイルス感染拡大前から、テレワークの推進に関する議論はあったものの、本格的な活用にはほど遠く、働き方改革の一環として推奨している会社があるというレベルであり、情報漏洩のリスクや労務管理の難しさ等を理由にして、テレワークに後ろ向きなケースも見られた。しかしながら、外出自粛が求められる中で、テレワークをある種強制的に実施するほかなくなり「推奨」から「原則」へとシフトし、実際にテレワークをやってみると「案外なんとかなる」ことがわかった今、テレワークは働き方の主要な1パターンとして定着する方向に進んでいくだろう。このテレワーク化のトレンドは、我々の働き方の未来をどのように変えていくのか、「(1)協働する人材、(2)生産性、(3)コミュニケーション」の3つの観点から考察していきたい・・・(続きは全文紹介をご覧ください)

(関連情報)

【特別企画】新型コロナウイルスがもたらす経営課題・新たな経営環境への対応支援

組織人事戦略部
チーフコンサルタント
三島 寛之

関連レポート

レポート