1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. コンサルティングレポート
  5. コンサルティングレポート
  6. 新型コロナウイルス感染症対策下におけるM&Aの留意点(売主の立場から)

新型コロナウイルス感染症対策下におけるM&Aの留意点(売主の立場から)

2020/06/05
山本 諭史

新型コロナウイルスの感染拡大はM&A市場にも影響を与えている。一時的な株価急落や企業業績の急激な悪化により中止や延期となった案件もあれば、外出自粛要請等によりM&Aプロセスが進められず当初の予定よりも大幅な遅れが生じている案件も出てきている。新型コロナウイルスがある程度収束するまで売却活動を待つことができる場合はよいが、収束後も業績回復の見込みが立たない場合や業績を回復させるために多額の投資が必要となる場合など、早期にM&Aを実行することが望ましいケースも存在する。本レポートでは主として売主の立場から、新型コロナウイルス感染症対策下でM&Aを進める場合における留意点について説明する・・・(続きは全文紹介をご覧ください)

(関連情報)

【特別企画】新型コロナウイルスがもたらす経営課題・新たな経営環境への対応支援

コーポレートアドバイザリー部
チーフコンサルタント
山本 諭史

関連レポート

レポート