1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. コンサルティングレポート
  5. コンサルティングレポート
  6. 業績不振企業の買収における留意点

業績不振企業の買収における留意点

2020/06/05
藤田 正行

新型コロナウイルス感染拡大によるグローバル規模でのサプライチェーンの分断、インバウンド需要の急激な縮小、行政からの休業要請や個人ベースでの活動自粛による社会活動の抑制により、経済への打撃は計り知れない。特定の業種においては実際に「新型コロナウイルス関連倒産」などの報道に接する機会も多い。しかし、この急激な環境変化の渦中において、在宅需要を取り込むなど、落ち込みを最小限に抑えられている業種や企業なども少なくない。
今後、新型コロナウイルス感染拡大がもたらした諸問題(以下、新型コロナ問題)が落ち着いていくにつれて、業績不振企業を被買収対象とするM&A市場が活性化していくことが想定される。問題の影響が小さい、あるいはこの問題を乗り越え、「攻め」に転ずることができる力のある企業にとっては、業績不振企業を買収し、新型コロナ問題以降を見据えて、業容を飛躍的に拡大させる好機とも言える。
本レポートでは、業績不振企業を買収する際の事前準備や買収スキーム、買収価格におけるポイントや留意点について整理する・・・(続きは全文紹介をご覧ください)

(関連情報)

【特別企画】新型コロナウイルスがもたらす経営課題・新たな経営環境への対応支援

コーポレートアドバイザリー部
チーフコンサルタント
藤田 正行

関連レポート

レポート