1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. コンサルティングレポート
  5. コンサルティングレポート
  6. 新型コロナウイルス対応を契機とした製造業のICT活用・業務改善施策

新型コロナウイルス対応を契機とした製造業のICT活用・業務改善施策

2020/06/12
片平 智之

新型コロナウイルスの蔓延により、製造業の価値観・働き方は大きな転換期を迎えている。製造業は日本の基幹産業であり、「匠の技術」という言葉で表現されるように、いわゆる職人技は日本の技術力の象徴として、もてはやされてきた。ベテラン職人の長年の経験と勘による技術・ノウハウは、視点を変えれば職人頼りの属人化が進んでいるリスクの高い経営状況とも言える。現在のような状況下では、いつ誰が新型コロナウイルスに感染してもおかしくない。仮にベテラン職人が感染してしまった場合、生産が止まってしまうことになり、事業継続性が危ぶまれる。このような状況を避けるべく、経営としてはリスク管理として手を打っておく必要がある。
本レポートでは、システムや最新テクノロジー(AI、IoT等)を活用した属人性の排除や生産性を向上させる取り組みについて解説する。まず、最初に製造業が置かれている現状と、基本的な製造業の基幹業務とシステムについて説明し、続いてテクノロジーの活用ポイント、最後に製造業の変革の方向性について説明する・・・(続きは全文紹介をご覧ください)

(関連情報)

【特別企画】新型コロナウイルスがもたらす経営課題・新たな経営環境への対応支援

業務ICTコンサルティング部
シニアマネージャー
片平 智之

関連レポート

レポート