1. ホーム
  2. レポート
  3. レポート・コラム
  4. コンサルティングレポート
  5. コンサルティングレポート
  6. コロナ影響下におけるサプライチェーン上の社会的責任

コロナ影響下におけるサプライチェーン上の社会的責任

社会対話と人権デューデリジェンスの重要性

2020/06/17
櫻井 洋介

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が、グローバルに活動する企業に多大な影響を与える中、企業が履行するべきサプライチェーン上の社会的責任が改めて問われている。サプライチェーンにおける企業の社会的責任は、コロナウイルスの影響によって、どの様に変容しているのか。本稿では、「COVID-19と責任ある企業行動」と題して2020年5月19日に開催された、OECDの「責任ある企業行動に関するグローバルフォーラム(Global Forum on Responsible Business Conduct) 」での議論等も参考にしながら、コロナ禍、そしてアフターコロナの時代に求められるサプライチェーン上の社会的責任について考察する・・・(続きは全文紹介をご覧ください)

(関連情報)

【特別企画】新型コロナウイルスがもたらす経営課題・新たな経営環境への対応支援

社会システム共創部
シニアコンサルタント
櫻井 洋介

関連レポート

レポート